確認されている不具合の一覧

修正待ち

  • exe版で画面表示が乱れることがある
  • タブ文字幅が記憶されない
  • MacOSX Mountain Lion関係の不具合

修正未定

  • Mac上からの利用の際、Win上からの利用と比べてキーの反応が悪くなる
  • Win上でgoogle日本語入力を使用した場合、予測変換が左下隅に表示される
  • MacのRetinaDisplayに対応していない
  • ペンタブ使用時にダブルクリックの効きが悪くなる

修正予定なし

  • ファイルシステム上でプロジェクト内のフォルダ名を変更するとそれ以下のノードの並び順がリセットされる
  • 同じ文字が連続するだけのファイルや短いファイルのエンコーディングを正常に判別できない場合がある

修正待ち

exe版で画面表示が乱れることがある

現状、こちらで症状を確認できていませんが、報告していただいたDirectDrawに関連した対策を行いました。
報告していただいた方、あるいは同様の症状を確認している方は、お手数ですが1.2.0リリース時に改善の有無を報告していただけると助かります。

MacOSX Mountain Lion関係の不具合

当方で確認できているものとして、以下の症状があります。対応可能かどうかを調査している段階ですが、一部の不具合については仕様ということでそのままになるかもしれません。
MountainLion環境で以下に記載した以外の不具合が生じた場合はご報告ください。

  • 初回起動時に「開発元が未確認のため開けません」というエラーが表示されて起動ができない
    MountainLion以降搭載されたGateKeeperという機能で、回避できないため仕様ということになりそうです。OEのjarまたはappをCtrlキーを押しながらダブルクリックすることでダイアログに「許可」の項目が表示され、起動できるようになります。一度許可すればそれ以降はダイアログなしで正常に起動できるようになります。

  • 初回起動時に「壊れているため開けません」というエラーが表示されて起動ができない
    上に同じですが、このエラーが表示された場合、上の手順では起動できない場合があるようです。
    以下のページにある、「Gatekeeper機能全体をオフにする場合」を試してみてください。
    http://www.aanda.co.jp/Support/tips/OSX108_Gatekeeper.html#C

  • Jar版をダブルクリックで起動した際に日本語名のノードが表示されなくなる
    現状原因が不明で、抜本的な解決策はありません。一応、ターミナルを開き、java -jar OlivineEditor.jarのコマンドを打ち込んで起動することでこの不具合を回避できることは確認できています。

  • Oracle JRE7利用時に、ツリー上の濁点・半濁点を含む文字が2文字幅で表示される場合がある
    これも現状対処できていません。表示上少々不格好ですが、ファイル名に影響するなどの実害はないようです。

修正未定

Mac上からの利用の際、Win上からの利用と比べてキーの反応が悪くなる

若干の遅延を確認しています。
同じswingを用いたゲームなどでもMac上でのキー反応の悪化が生じることがあるので、 Java側に何らかの原因がある可能性が高いと考えています。修正の目処が立っていません。

Win上でAtokやGoogle日本語入力を使用した場合、予測変換が左下隅に表示される

Javaが正確なカーソル位置をIMEに伝えていないことが原因らしく、 NetBeans IDEやOpenOfficeなどのソフトでも同様の症状が発生するようです。
http://productforums.google.com/forum/#!msg/ime-ja/cgmAPiV7POE/TTkTCa8Ja68J

eclipseなどの一部のJava製ソフトウェアでは正常な位置に表示できているため改善できる可能性はありますが、現状では対策が困難です。

MacのRetinaDisplayに対応していない

当方にデバッグ環境がなく、対応が困難な状況です。
また、JavaからRetinaDisplayに対応した表示が可能かどうかも現時点では判断できていません。

ペンタブ使用時にダブルクリックの効きが悪くなる

同様の症状を確認しましたが、修正のめどが立っていません。

修正予定なし

ファイルシステム上でプロジェクト内のフォルダ名を変更するとそれ以下のノードの並び順がリセットされる

仕様です。並び順を保持してフォルダ名を変更したい場合はOE内から行ってください。

同じ文字が連続するだけのファイルや短いファイルのエンコーディングを正常に判別できない場合がある

「ああああ」のような短く単純な文のみが書かれたファイルの場合に誤って解釈されることがあります。
複数の文字からなる文、ある程度の長さの文であれば正常に解釈されると思います。